読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じんせいのあれこれ

人生は人それぞれやで、自分なりの答えを見つけよう!

2016年 艦隊これくしょん 秋刀魚イベント

f:id:yasakasoraiken1919:20161025171756j:plain

 

 どうも、秋刀魚乱獲中のヤサカです。いやぁ、海は広いですね。

 

 皆さんは、秋刀魚捕れてますか?私は完了しました。まあ、完了しなければ記事にしませんが(笑)。

 今回の記事はタイトル通り、艦隊これくしょん 秋刀魚イベントの記事を書いていきます。最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

 

去年のほろ苦い記憶

 今年のイベントを語る前に、私の去年の秋刀魚イベントのほろ苦い記憶を一つ。

 

 2015年当時は1年目社員ということと、入社後、大体半年ということで研修的にも佳境を迎えていました。そのため、忙しさが半端ではなかったというのを記憶しています。会社で疲れて帰ってきて、ご飯を食べて、お風呂に入って寝る。という生活習慣も日常茶飯事でした。

 

 当時の主流の海域の一つ、1-5の対潜海域に出撃していた時のこと、当時は対潜値は重視されておらず、確か当時のスタメンは龍驤、山城、夕張、大淀あたりだった記憶があります。

 そしてなおかつ、当時は珍しい磯風が期間限定ドロップしたんですよね。私は2014年夏イベントから参戦した提督だったので、当然ながら当時の鬼難易度を突破できず、入手できてなかったんですよね。喉から手が出るほど欲しいです。

 

 

 そんな中での秋イベント、疲れもあってか、ペース的にもはかどりません。そして事件は起こる。

 

 1-5のボスに到達し、いつも通り単横陣を選択した時のこと、画面の異変に気が付く、あれ?夕張大破してね?

 まずここで焦りポイント+1、やべぇ、で、でも、ここの攻撃は最初しのげば何とかなるし、夕張にあたらんやろ(汗)

 そしてピンポイントに突き刺さるボスの先制雷撃………。夕張轟沈………。

 

 

 

 

 うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

 

 

 

 しばらく頭が真っ白にフリーズし、3分間ほど停止します。なんかわけわからん歌を歌ってた気がします。壊れかけのレイディオですね。

 

 そして状況確認、夕張に積んでいたのは確か、三式ソナー×2、爆雷、見張り員でした。装備的にはまだ何とかなる。最大の問題は夕張自体の損害。イベント直前、というのもあり、ここで当時対潜の主力艦である夕張のロストはさすがに笑えません。いや、ある意味笑ってました、顔はひきつっていましたが。

 さらに時間的に秋刀魚イベントも失敗、そして磯風も出ず……。まさに泣きっ面に蜂、もうやめてヤサカのライフはとっくに零よ!

 

 あまりにも焦り、夕張の再取得と緊急レベリングを画策します。夕張は幸いにして建造可能艦だったため、最低値でひたすら建造をし続けます。どうせすぐに出るだろ!

 

 

 

 そして200回以上回しても夕張は出ず………。心が折れましたね。

 

 

 その後は、事件から3日後くらいに、水上打撃部隊の5-1の任務をこなしているとポロリと夕張がドロップして、それを緊急レベリングしました。

 これが私の去年の秋刀魚イベントの結果です。散々たる結果でした。あぁ、今年は大丈夫だろうか……。

 

 

2016年 秋刀魚イベント

  では、本題、2016年の方のイベントですね。といっても概要は基本的に去年のものと変わらず、秋刀魚というアイテムが鎮守府海域の1-1、1-5、1-6。北方海域の全域海域、中部海域の6-1、6-5でドロップするようになり、それらを一定数集めることにより、装備や家具、アイテムをもらえるというものです。

 

 出現海域は現状こうなっているそうです(Wiki転用)。

 

鎮守府海域

  • 1-1-B
  • 1-5-F、1-5-G、1-5-ボス
  • 1-6-I、1-6-J

 

北方海域

  • 3-1-C、3-1-F
  • 3-2-C
  • 3-3-D、3-3-I、3-3-ボス
  • 3-4-D、3-4-H、3-4-I、3-4-N、3-4-ボス
  • 3-5-E、3-5-ボス

 

中部海域

  • 6-1-H、6-1-ボス
  • 6-5-D、6-5-F、6-5-I、6-5-J、6-5-ボス

 

 こうしてみると、比較的面倒な海域が多い印象です。難易度が高いか、ルート固定が難しいところが多く、鎮守府海域がコスト的に安めで、次は北方海域、まったく割に合いそうにない中部海域という具合です。

 やはり基本方針は、北方海域と鎮守府海域のどちらかもしくは両方を回す、ということになりそうですね。

 秋刀魚のドロップ率を上げる装備として、ソナー装備、爆雷装備、熟練見張員、探照灯があり、複数個装備することにより、通常より上がるそうです。

 秋刀魚のドロップ率は基本的にたくさんドロップすればするほど下がり、同一海域で連続してたくさん捕ると確率がどんどん下がるようになっているそうです。同一海域でたくさん捕ると下がるというのは新しい仕様で、恐らく前回のイベント時に、大量に乱獲する(100匹を優に超える数)猛者が現れたので、その対策でしょうね

 

 で、何匹集めれば最低限のノルマ達成になるかというと、今回の任務はこんな感じです。

 

  • 秋刀魚漁:きらりーん!秋刀魚漁支援!(3匹所持で達成)
  • 秋刀魚漁:もっともーっと、秋刀魚漁!(8匹所持で達成)
  • 秋刀魚漁:最新鋭の秋刀魚!もっとぉ!(24匹所持で達成)

 

となっています。つまり、合計で24匹集めれば最低限ということです。前回イベントが30匹だったことを考えると、はるかに有情になりましたね。まあ、乱獲防止にしたので、それの影響でしょうね。

 では、私の結果を見つつ、総評でもしましょうかね。

 

 

私の秋刀魚イベント

 まず、それぞれ、どの海域で秋刀魚を捕ってきたかの記録です。以下その記録です。

 

  • 1-1:1匹:キラ付出撃のため多め
  • 1-5:1匹:出撃回数多め
  • 3-2:3匹:出撃回数少なめ
  • 3-3:19匹:出撃回数最多

 

 となりました。圧倒的アルフォンシーノ!総出撃回数も圧倒的に多かったです。3-3はどのルートを通っても、秋刀魚のドロップ場所にたどり着けて、北方海域ということで、被害も抑えられ、ドロップ率も比較的高かったため、前回同様に提督の漁場になっていましたね。

 今回期待以下だったのが1-5、当初は前回イベントの期待から出撃回数が多めでしたが、最後は切りました。装備ましましで出撃できるけど、前回ほどドロップはよくない印象ですね

 3-2が今年期待の新星でしたが、期待値が1を超えないため、それが微妙にネックでした。また、3-3とどっこい位の被害も出たので、何とも言えないところ。大量に装備を積めばまだワンチャンスあるだろうか。

 1-1はいつも通り低確率低コスト、拾えればラッキー拾えなければドンマイ。まあ、あ号作戦の時に上にそれても秋刀魚拾える可能性があるのでいいですね。

 

 他に試したのが、3-4でした。羅針盤に勝てば高確率で2回秋刀魚に挑めるので悪くないかと思いましたが、思いのほか敵が強く、被害が多いため断念。

 中部海域も被害とのキャッチアップで断念。

 

 ちなみに私は8匹の報酬はWG、24匹の報酬は去年の旗と悩み、新しい旗を獲得、新旗のほうがデザイン的に好きだったので後悔はない。

 

 以上が私の秋刀魚漁でした。では、総評に移りますかね。

 

 

総評

 今回もアルフォンシーノ中心だった印象でした。正直、他の海域のドロップ率の低さが目立ち、なかなか難しいところ。ただ、連続ドロップの制限により、他海域の有用性が若干上昇した印象ですね。そういう意味では新人提督や2正面作戦ができるほど、艦隊を保持していない提督はつらい印象ですね。私は2艦隊運用でアルフォンシーノを殴りつけていました。命はいらん、秋刀魚をよこせ。

 

 今回の一番不味いかつ大きな調整は同じ海域で捕れる秋刀魚に連続出撃で制限がかかるところでしたね。やはり、大量のねじ狙いを止めたかったのですかね?まあ、私もほどほどに狙う予定なので、ちょっときつい調整ですね。

 また、一日に捕れる数に限りがあるため、毎日出撃できる提督はいいのですが、毎日出撃が難しい社会人提督は厳しい調整だった気がします。土日にまとめて捕って、平日は休むみたいなことは不可能ですからね。そういう意味では、個人的には微妙な調整かと思います。

 

 さて、今回は総評でも書いた通り、最後まで秋刀魚を狙う予定なので、気長にやり続けますが、まだ終わっていない方は頑張ってください。一日数回の出撃が勝負な気がします。

 最後は我が母港で締めます。では、次回まで、さよなら!

 

f:id:yasakasoraiken1919:20161025103820j:plain

 

金剛かわいいやったーー!