読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じんせいのあれこれ

人生は人それぞれやで、自分なりの答えを見つけよう!

2016年 夏イベント「迎撃!第二次マレー沖海戦」 総評

 どうも、甲勲章を取り、掘りもほぼコンプリートしたヤサカです。

 いやはや、運にも恵まれて中々いい戦果になりましたよ。今回はイベントが終了してそこそこ時間もたってきたので、イベントの総評をしていきたいと思います。最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

 

 

 E-1 「ブンタン沖哨戒」

 まずはE-1の「ブンタン沖哨戒」からです。詳細は下記リンクを参照にしてください。

 


 このマップは端的に言えば対潜マップです。最短ルートだと道中・ボスの計4戦中3戦で潜水艦が混じっています。それくらい潜水艦だらけのマップです。正直、今迄だったら敵の先制雷撃が外れることを祈らなくてはならず、発狂物のマップですが、今回から実装された先制爆雷があるので、だいぶ勝手が変わりました。まあ、これがなかったらこんなマップは導入できなかったでしょう。

 さて、難易度に関しては、最低先制爆雷艦が3隻以上いれば難易度はそれほどでもない、といった評価でしょうか。逆を言えば、先制爆雷艦がいなければ祈りのマップなのでただの地獄です。

 それは祈りじゃなくて呪いだったんだ!先制爆雷なんてものが生まれてこなければぁぁぁぁ!

 

 今迄のE-1と違って異色ってだけであって、その実難易度はそれほど高くなかったかな?と個人的には思います。

 

 

 

 E-2 「第二次エンドウ沖海戦」

 次はE-2「第二次エンドウ沖海戦」です。しかし、遠藤さんになんの恨みが……。

 

 

 

  このマップは輸送艦隊と言いつつも輸送艦隊ではなかったというある意味異色のマップでしたね。おそらく連合艦隊仕様にすると中規模作戦の域を超えるから導入しなかったのかと思います。

 マップ全体の感じは道中が厳しく、ボスは楽な印象です。ボスは確かにダイソンなのですが、随伴艦が駆逐艦でしかも5隻なので、夜戦で乱打をくれてやれば比較的あっさり落ちる印象です。

 編成に関しても、重くすると輸送量が落ち、総出撃数が多くなり、逆に軽くすると輸送量が上がるものの、撤退率が上がるという、プレイヤーが介入する余地が地味に多かった気がします。

 

 自分に合わせた編成ができるのでかなりの良調整だったかな?と個人的には思いますね。 

 

 

 E-3「第二次マレー沖海戦

  次は、E-3「第二次マレー沖海戦」、ここからが本当の地獄だ……。

 


 このマップは完全な連合艦隊マップ、水上打撃部隊か空母機動艦隊のどちらかの運用で勝負します。さらに基地航空隊が導入できるので、まさにオールスターズ!一大決戦の予感におらワクワクしてきたぞ(資材から目をそらしつつ)!

 マップ全体は、道中・ボス共それなりの難易度の印象です。ただ、ボス前夏ダイソン2隻が一番のネックでした。ギミックもあったようですが、それでもダイソンの突破率はそれほどよくなかったそうです(当ブログ未使用)。また、ボスもそれなりに強かったので、基地航空隊をそちらに回すことができず、かなりつらかったです。

 編成は制空値の周りと道中を考えても水上打撃部隊がお勧めでした。また、史実編成で最短に固定できるものの、他の編成でも十分通じるので、そこまで問題にならないと思います。まあ、私は金剛・榛名両方育ててたので普通に導入しました(重婚並感)。

 

 正直、とりあえずボス前に空母おばさんかダイソン置くのやめちくりー

 

 

E-4「マラッカ海峡沖夜戦」

 最後はE-4「マラッカ海峡沖夜戦」です。正直、最初このマップを見た時正気を疑いましたよ。

 


 E-3同様に連合艦隊マップ。 道中の長さが異常に長いものの思いのほか道中撤退率は低い模様。艦これにおける限界出撃距離を示したマップでしたね。

 道中はIマスに地獄の基地マス、Kマスにダイソンの夜戦マップと提督を殴り殺しに来ています。また、Lマス・Mマスの航空戦も燃料の少なさと相まって撤退率がかさむ模様。また、ボスも燃料と弾薬がないため、被弾率がかさみ、酷いときには12隻が全員小破以下ということもありました。

 編成は制空値が以上に必要なため、ここはE-3と違い空母機動艦隊がお勧めでした。最終は速吸を導入して洋上補給で燃料・弾薬不足を補いに行きましたが、課金アイテムに手を出す羽目になるなんて……。

 

 できればこの道中の長さは勘弁願いたい。あと、Iマスの殲滅は楽しかったです(小並感)。

 

 

 

 

総評

 

 全体を通して、基地航空隊を押し出しているものの、だいぶ依存度を下げてきた模様です。まあ、前回の艦爆コレクションは酷かったので、当然と言えば当然の結果でした。ただ、消費資源を下げる気はない模様です。恐ろしい勢いで燃料が溶けていたので、母港に戻る度おどろおどろしい結果を見ることに……。あばばばばばばば………。

 

 難易度的には上の下程度、正直4海域でここまで資源を消費することになるとは、時間より資源のほうが貴重になり始めていますね。

 とりあえずの再調整した基地航空隊のお披露目ですが、過半数以上に基地航空隊を導入されると正直かなり厳しいです。しばしは同じような落ちが来るのではと戦々恐々しながら資源を貯めるしかないですね。基地航空隊の仕様上、最低3海域は来るんですかね(震え声)

 

 

 ふう、これが現在の母港あまりのダメージにボーキサイトが自然回復という有様。まあ、元が少なかったというのもありますが(笑)。

 

f:id:yasakasoraiken1919:20160904203738j:plain

 

  さて、次回はまた、基地航空隊の話になりそうですが、今回はこんなところで、さよなら!