読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じんせいのあれこれ

人生は人それぞれやで、自分なりの答えを見つけよう!

2016年夏イベント 掘りについて

 どうも、一通り掘り終わって、落ち着いてきたヤサカです。

 いやはや、ターゲットがなかなか出なかったので時間がかかりましたよ。今回は本イベントの掘りについて書いていきたいと思います。といってももう期間的には佳境なので、記録程度のものになります。最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

掘りとは?

 そもそも掘りとは何ぞ?という人は……、まあ、ほとんどいませんね。一応軽く説明しておくと、特定の海域において、特定の艦娘のドロップを狙って戦闘を繰り返す行為です。ここだけ聞くと過激派かテロリストみたいな……。

 どんな艦娘を狙うかというと、まだ自分が持っていない艦娘や貴重な装備を持ってきてくれる艦娘を狙うのが主になりますね。珍しいところでは、複数艦を所持するために狙うというケースもあるのでしょうか?まあ、そこは鎮守府次第ですね。

 

 例えば、私の場合、持っていない艦娘では春風を持っていません。そして、イベントなどで春風のドロップが確認されるとその海域に突撃をかけ続けて、春風のドロップを狙います(2016年夏イベントに出るとは言っていない)。

 あとは貴重な装備と言えば、本イベントではPrinz Eugenとかあきつ丸でしょうね。前イベントでいうとU-511とかその辺でしょうかね。

 

 

本イベントの掘り艦候補

 では、本イベントの掘り艦候補は以下のような感じでしょうかね。それぞれめぼしい艦娘と掘りの雑感をまとめていきます。

 

E-1

  • まるゆ
  • あきつ丸
  • 伊26
  • 秋津洲
  • 瑞穂

 

 E-1は小粒の艦娘多い印象。ただし、全海域を通して、1回当たりの出撃のコストが他と比べてかなり安いので、本イベント初の伊26を掘るならここが一番安いです。

 他にも、無限回収のまるゆ、大発動艇のあきつ丸、ルート固定でたまに使われるかもの秋津洲水上機母艦最強の瑞穂といった、持っておきたい艦娘が多数出るので相当優秀な海域です。暇になったらここをひたすら殴ることをお勧めします

 

 

E-2

  • 鹿島
  • Prinz Eugen
  • 大淀
  • 磯風

 

 E-2は唯一、本イベント限定のドロップ艦がいません。こちらの海域の難易度は比較的低いことに加えて、E-4まで行っていれば基地航空隊を3部隊使用することができるため、戻って掘るのに甲難易度でも十分可能です。

 ここの掘りでは、今まで所持制限があり、貴重な装備を持ってくるにもかかわらず大量所持ができなかったPrinz Eugen有明の女王の鹿島、唯一艦隊司令部施設を持ってきてくれる黒幕大淀さん、掘りやすくなったとはいえなかなか所持が難しかった艦娘秋刀魚の磯風といった、レア艦が非常に多く出ます。余裕があるならここも十分掘り候補かと思いますね。

 ちなみにPrinz Eugenは丙のイ級構成ではドロップしないらしいので注意です。

 

 

E-3

 

 E-3は本イベントの限定艦が両方ドロップする海域です。しかし、甲難易度の場合、掘りをするには海域難易度が異常に高いため、丙掘りをしてからの攻略をお勧めします。まあ、今から丙掘りして甲難易度が間に合うかはわからない。

 やはり掘りをしている友人曰く、ダブルダイソンが鬼強いということに加えて、E-4に到達しても基地航空隊が1部隊しか増えないため、突破の難易度が劇的に上がらないのも厳しい要因です。また、連合艦隊のため、コストが釣り合いにくいというのもありますね。

 ここの利点は何といっても、本イベント限定艦娘の伊26及びAquilaを同時に狙える点ですね。ただし、Aquilaを掘ってしまえば他の艦娘に用がなければ素直に伊26はE-1で掘ればいいと思いますね。

 他に掘れる艦娘は、修理の明石、洋上補給の課金要素を持ってくる速吸、三段階の進化を持つ大鯨、そして名だたるレア駆逐艦軽巡洋艦になっているため、低難易度なら持っていない艦娘を手に入れるチャンスともいえます。

 

 

E-4

  • まるゆ
  • Aquila
  • 伊26
  • 雲竜型空母
  • レア駆逐艦

 

 E-4、こちらもE-3同様に限定艦娘は両方手に入ります。ここも難易度が高く、ボスまでの道のりが非常に遠いため、資源消費がかさむうえ、追い打ちのように甲難易度では2回空爆されます。以上の理由から甲難易度での掘りは一切お勧めしません。甲で限定艦を掘る羽目になったらおとなしくE-3をお勧めします。ここよりは幾分かマシかと思います。

 さて、低難易度前提ながらここの利点は、限定艦の2隻がボスでドロップする他にも、道中Iマスで秋月・雲竜型空母がドロップする点です。丙難易度で実際に掘りましたが、Iマスの殲滅、夜戦マスの殲滅、ボスのS勝利も編成次第で十分狙えるので、同時に複数のレア艦を狙うこともできます。おいしい。

 ドロップ艦は、限定艦のAquila&伊26の他に、超10cm砲の秋月・水着グラで犯罪臭のLibeccioを含むレア駆逐艦雲竜型空母、無限に欲しいまるゆ、とあれば困らない艦娘がたくさん出るので、甲難易度にこだわりがなければ乙とかでクリアして、引き続き掘りをするのもありかもしれません。まあ、乙の難易度がよくわかりませんが。

 

 

私の戦果

 最後に自慢です。はい、自慢です!それなりに戦果が出たので、どんなもんかぐらいの目安にどうぞ。後は実際に掘った際の雑感をどうぞ。

 

 

E-1

  • 掘り総回数:68回
  • ボスS勝利回数:52回
  • ボスS勝利率:76%
  • 道中撤退率:8%

 

 軽空母1隻に先制爆雷艦5隻で固めた編成を使用しました。雑感としては思いのほか、ボスS勝利率が低い印象ですね。

 道中のボス前以外は潜水艦であるため、先制爆雷で封殺が可能な反面、ボス前では思っていたより砲雷撃戦後の雷撃で大破する模様。

 ボスは彩雲でT字不利は避けているものの、反航戦の状況や、強力な先制爆雷艦が中破などになっていると、火力不足でA勝利に落ち着くこともままありましたね。

 

 

6回目でまるゆ

 

 

48回目で伊26

f:id:yasakasoraiken1919:20160828015103j:plain

 

 

  それ以外にめぼしい戦果は今のところないですね。まるゆがもう少し欲しいですね。うん。

 

 

 

E-2

 

  • 掘り総回数:58回
  • ボスS勝利回数:51回
  • ボスS勝利率:88%
  • 道中撤退率:10%

 

 ここの編成はE-2攻略艦隊から睦月型を抜き、1隻を気休め程度に先制爆雷艦に変更したくらいですね。他は変更なし。基地航空隊はボスに2航空隊、ボス前に1航空隊を送り込み、事故要因とボスの殲滅に当てました。

 道中の撤退要因はやはりボス前と、潜水艦の雷撃、航空戦の被害ですが、確率を見る限り、かなりマシですね。

 ボスは基地航空隊を2編成叩き込めるので、随伴艦の全滅と夏ダイソンを中破以下に叩き落せます。大体は夜戦でカットインか重巡の連撃で沈んでましたね。ほぼ確実にボス到達でS勝利は大きいですね。

 

 

45回目でPrinz Eugenが掘れたので、努力が報われましたね。3隻目が出たら爆笑ですが、期待せずに気長に掘ってみます。

f:id:yasakasoraiken1919:20160828020056j:plain

 

 

E-4

 

  • 掘り総回数:29回
  • ボスS勝利回数:21回
  • ボスS勝利率:72%
  • 道中撤退率:17%

 

 

 ここのみ丙難易度で掘りました、というより甲難易度は無理です。金剛型を導入し、可能な限り安く済ませようとしました。ある種E-4攻略のひな型ですね。

 道中はIマスよりも夜戦マスで大量の撤退をしましたね。やはりワンパン大破の恐怖は伊達ではない。

 ボスは艦隊司令部施設を使わずに到達できればほぼ100%S勝利が取れたので、やはり丙難易度では遥かにボスが弱かったですね。

 

 

16回目でIマスで葛城を獲得

f:id:yasakasoraiken1919:20160828020744j:plain

 

19回目にまるゆ

 

 

29回目でAquilaを掘り当てました。

f:id:yasakasoraiken1919:20160828020801j:plain

 

 

 

 ふう、とりあえず最低限の目標は達成しました。後はたくさんまるゆくだちぃ……。

 

 

 

 

総評

 ほとんどを途中で述べているのであまり語りませんが、Prinz Eugenの2隻目のドロップが解禁された点はかなり革新的ですね。今後のイベントでも徐々に掘りやすくなってくるのでしょうかね?まあ、2年くらいの月日を挟んでいるのでようやくか…という感じですが。

 秋月やPrinzといった装備が希少なレア艦の解禁がされ始めているので、今後もその辺を注視しつつイベントを進める感じですかね。

 

 

 

 

 

おまけ

 ???「鹿島!鹿島!鹿島!ジェットストリームアタックだ!」

 

 視聴者「誰だお前!」

 

 鹿島「鹿島だ!」

 

f:id:yasakasoraiken1919:20160828021550j:plain

 

 

 鹿島4隻……、育てて探照灯だけもらおうかな…。