読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じんせいのあれこれ

人生は人それぞれやで、自分なりの答えを見つけよう!

2016年 春イベント E-5「ラバウル航空撃滅戦」

艦隊コレクション

 どうも、E-6のギミック解除から出撃続きのヤサカです。

 

 いやぁ、地獄のような出撃となりつつありますよ。 正直そろそろデッドラインが見え始めていますね。

 

 今回は地獄のふたが開くひとつ前、E-5「ラバウル航空撃滅戦」の攻略記事について書いていきたいと思います。最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

 

E-5「ラバウル航空撃滅戦」

  さて、このマップの攻略ルートは主に3つ、空母1隻と戦艦2隻を主戦力とした上ルート、重巡or航巡2隻と駆逐艦4隻の中央ルート、駆逐艦3隻と戦艦2隻の下ルートに分かれる。それぞれにはっきり言えるのは、道中がとてもつらいです。どれも秋月型摩耶などによる強力な対空カットインが必須と言え、また、通常の戦闘においても支援が必須とも言える。

 

 さらにこのマップからは空襲という概念が導入されている。これは通常戦闘前に基地に対して敵が航空機による攻撃を仕掛けてくるというもので、行ってしまえば空襲マスの基地バージョンです。ただし、これによって発生するダメージは艦娘には入らず、資材にダメージが入るという鬼畜仕様、私の観測では大体100から300程度のボーキダメージが入りましたね。燃料とかにもダメージが入るそうなので(減ってるっぽいけど数えてなかった)、コマンド防空が重要になるそうなのですが、前述のE-4記事通り、私は一切効果が得られませんでした。

 使い方が悪いのか、それとも……。一説には防衛に行くより攻撃した方が早いという話もあるので、何とも言えないところですね。

 

 この中でもお勧めはした中央ルートですかね。持ち込める戦力が弱いですが、道中の中でも下ルートを選択した場合に通ることになるEマスの戦艦と空母の強力な艦隊を避けつつ、わずかながら資材を回収できるのはおいしいです。

 また、記事作成中に運営のツイートによってわかったのですが、Iの航空マスにE-6のギミックが仕込まれており、S勝利を取ることでその一部を解除することができます。ついでに解除できればラッキーくらいのもので、ここを通過する中央ルートはいいと思います。しかし、自由参加のE-5にギミックが置かれているとは………。流石にノーヒントは無理でね?

 

 ボスはおなじみの基地ボス、リコリス棲姫となっております。基地なので3式特攻があり、WGなども有効になっています。

 

 

 

ということで、今回攻略に用いた艦隊はこちらです。

 

 

第一艦隊

f:id:yasakasoraiken1919:20160510215828j:plain

 

 

 こんな感じですね。さて、それぞれ見ていきましょうか。

 

 旗艦は摩耶、対空カットイン要員として採用。正直これは失敗半分、成功半分といったところ、強力な対空カットイン要員はいいのですが、正直ここに関しては秋月型が理想ですかね。ただ、Iマスのことを考えると、摩耶でもいいのか、とも考えてしまいます。結論はあまり大局に影響しませんでしたね。どちらでもよろしい。ただし、強力な対空カットインは必須。

 駆逐艦はほどほどに対空が高い初霜に対空カットイン装備。電は夜戦囮要員。雷、島風はボスにちょっかい出せるようにしています。

 最後の重巡は熊野、とどめとして三式連撃仕様、全ての攻撃を熊野に託す。

 

 

 これに加えて道中、支援艦隊・基地航空隊を要請し、戦力不足を補う方向

 

 

 ちなみにこの戦力を運用する前に上ルートからの攻略を試みたものの、全てがうまくいかず、ボスを倒すどころか、道中で壊滅し、試合にならなかったため、不採用になりました。その辺も戦闘記録に書いていきます。

 

では、戦闘記録に移っていきましょうか。

 

 

戦闘記録

1~7戦目:

上ルートの攻略を試みるも、敵の空襲が思っていた以上にすさまじく、まったくと言っていいほどボスに到達しない、7戦でボス到達はわずか1戦、何をやってもうまくいかず、早くもこのルートは終了ですね。

ちなみにボスに到達した1戦も、特に大きな戦果を得られることもなかった。何の成果も!得られませんでしたぁー!

 

 

8戦目:

ここで上記の編成で摩耶を鈴谷に変更した編成で突撃するも、雷が大破して撤退。

 

9・10戦目:

両方ともボスに到達、ただしボスを仕留めきれなかったのも両方とも同じ。うーむ、鈴谷の攻撃がボスにいっていればなぁ。

 

11~14戦目:

4戦でボスにたどり着いたのは1戦のみ、しかもその1戦も壊滅させられて終了。摩耶編成に戻す!これで上記の編成にチェンジ。

 

15~17戦目:

今度は逆にボスをタコ殴りにする展開。3戦中S勝利二つという戦果、これが続けば楽なのだが。ちなみにこれでラストダンスに突入。

 

18戦目:

道中で初霜が大破して撤退。これは仕方ないね。

 

19戦目:

ボスに駆逐艦3隻が中破した状態で到着。夜戦突入時点で敵はボスと戦艦、こちらは摩耶、電、熊野の計3隻、さて、どうなる?

全ての攻撃がボスに飛び、粉砕。報酬は山城でした。めでたしめでたし。

 

 

 

 総評 

  E-4から比べると、急に難易度が上がっている印象でした。出撃数も20戦近く、戦っている所感も辛い印象でした。

 

 その中でもルートは圧倒的中央ルート推奨ですね。下ルートは試していませんが、燃費が安く、敵が弱いため開幕航空支援が仕事をする中央のほうが幾分か楽かと思います。対空カットイン要員を出撃させ、ついでにIマスS勝利を狙うのがベストかと思います。

 

 基地航空隊に関しては、防空は効果がはっきりしませんでしたが、攻撃では敵の駆逐、軽巡クラスなら簡単に倒してくれるので、開幕支援攻撃と合わせて、結構気持ちよく敵を吹き飛ばしてくれました。半面、空襲は上記の防空の働きがいまいちわからないことに加えて、テンポが悪いので、あまり好きではありませんでしたね。

 

 

 さて、今回はこんなところですかね。記事が遅くなって申し訳ありません。というのも、E-6で完全にドン詰まりし、そこの対処に追われていました。ちなみにいまだにクリアできていません。クリアでき次第記事にしたい所存ですが、クリアできるかどうか……。

 

 では最後におなじみの母港を見つつ終了とさせていただきます。では、次回まで、さよなら!

 

f:id:yasakasoraiken1919:20160511003346j:plain