読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じんせいのあれこれ

人生は人それぞれやで、自分なりの答えを見つけよう!

艦これ 夏イベント

艦隊コレクション

 どうも、本ブログの提督ことヤサカです。

 今回はタイトル通り、2015年夏イベントの感想についてまとめていきます。

 ただし本ブログで扱われる感想、考察はあくまで個人の主観に基づいて行われているものであり、一方的に偏った意見等々があることをあらかじめご了承願いたい。

 

 

 2015夏イベント概略

 今回の夏イベントの概略としては、過去最大の7海域で構成され、4つのお札による制限が設けられているというのが、最初のうちから割れていたもの。

 しかし熟練の提督たちの前にはE-1からE-6なんぞ瓦礫の山にすぎん!次々と破られる海域たち、あぁ、もう熟練の提督たちの前ではイベントなんてただの兵站にすぎないんだなぁと思っていた矢先、悪夢が訪れることに………。

 

 それがE-7ラスボスの防空凄姫です。何が問題かというと、耐久値225に加えて、装甲値333と異常に高く、大和型でも装甲を貫くことが困難という意味不明さ。加えて、対空値の高さからこちらが新たに使える要素になった艦載機の熟練度システムをなぎ倒すという提督に何の恨みがあってこんなものが生まれたのかというめちゃくちゃっぷり。挙句の果てに夜戦の神様仏様こと北上様を含む雷巡洋艦もルートの都合上使用不可能というオチ。もうやめてください!

 

 そんなこんなのむちゃくちゃ使用のおかげで、あちこちの艦これ攻略スレッド及びブログではお葬式状態。あの時まともにあいつらを沈められたのはかなりの少数先鋭の中でもさらに雪風運を持つ者のみという具合でした。イベント速攻ぬっ殺す勢ことリアルタイムアタックRTAもほとんどが駆逐されてしまった…。

 あちこちの鎮守府で阿鼻叫喚の嵐が巻き起こり丙提督に身を落とす者もあらわれるも、しかしそれでも難易度が高く挫折するものが続出もはや指輪艦隊と30万の資源、雪風運がなければ甲クリアは絶望的か………。

 

  と思われていた矢先、朗報が訪れたのは運営のTwitterでした。 

「複数の作戦展開」によって有効な打撃を与えやすくすることが可能というもの、さらに深夜零時にその効果は一旦リセットされる。でした。

 

 実はこの駆逐艦を相手にするにあたり何らかのギミックで弱体化するんじゃないか、という話はまことしやかに囁かれており、「3式弾or徹甲弾に特攻があるんじゃないか?」、「しずま駆逐艦で出撃すればいいんじゃないか?」、「特定ルートで到達すればいいんじゃないか?」など、様々な憶測が飛び交っていました。

 その中の一つに「X、Y、Kのボスを倒すと弱体化する」というものがありました。初めのころから試されており、数々の提督がチャレンジしましたが、効果が実感しにくい(特殊なダメージ補正のため)のに加えて、前述の12時リセットのため、解明が進みませんでした。

 このネタが割れた直後、某ブログのイケメン管理人が高速でX、Y、Kをぶん殴りボスに突撃、ダメージの補正を発見したことにより、一気に攻略方法が確立、攻略提督がたくさん増えましたとさ、めでたしめでたし。

 

 2015夏イベント感想 ネガティブ編

 うん、めでたくなかったわ。ちなみに私はその後ごり押しで1日攻略の末にクリアしました。では感想です。全体を通して思ったことは非常にネガティブなのですが、わずらわしかった。という感想です。

 海域全体のお札に加えて、大量にちりばめられた大ボス。ニュータイプ使用の回避をし、雷撃戦ではこちらの艦を大破に持ち込む駆逐艦、ボスに対する弱体化ギミックなど、強いというよりはめんどくさい要素が多かった印象です。

 さらにはリセットギミック付きのボスが潜んでいるというオチ。ゲージリセット時代よりましやろ?という歴戦の提督ならまだしも中堅、新人提督たちでは太刀打ちできません。さらにはチャレンジ時間が最大24時間程度のため、勝つためには1日の余裕と睡魔との戦いを求められます。

 ただ単に難しいだけならまだいいですが、ゲージリセットのようにリアル時間を縛るのはあまりにも厳しいものがあります。特に社会人提督の方々は。なんのためにゲージリセットシステムを廃止したのかわかりませんね。

 

 総じて、個人的には反対な意見が多いです。ただし、次からはポジティブな意見をまとめていきます。

 

 

 2015夏イベント感想 ポジティブ編

 今回のイベントで評価できる点の一つはギミックです。おい!さっきさんざん否定してたやろ!という意見があるかと思いますが、私が否定したのは時間に関する項目だけであってギミックそのものは面白いな、と思っています。

 もともと艦これ自体は単調なゲームシステムの上で成り立っている部分がある為、閉塞的になりがちですが、このように新しい要素を積極的に入れ、閉塞状態を打開しようという試みは評価できます。まあ、良いか悪いかは除く。

 24時間でリセットされるのではなく、1週間でリセットなどにすれば社会人提督でも平日はギミック解除、休日でボスと勝負。という時間割振りができますね。

 

 

 二つ目に評価できる点は、ハイパーズの最終海域準廃止論です。やはり今までのイベントではハイパーズ抜きで戦闘をするという事は、ほとんどのプレイヤーはやらなかった事でしょう。先制雷撃、夜戦のカットインor連撃の破壊力。海域最後のボス及び随伴艦が強い以上入れない理由はありません。

 そんな中での雷巡洋艦を組み込むとボスにたどり着けないシステム。今までの風潮が風潮だけに、これは結構革新的だと個人的には思いますね。いろいろと編成の幅も提督ごとに広がりますしね。ただし、阿武隈改二が使われないとは言っていない。

 

 

 以上が私の冬イベントに関する感想でした。やはり全体的にいろいろなシステムを導入したため、ゲームバランスがとりにくくなってしまいましたが、様々な試みもありました。評価が下がる部分もありますが、ギミック周りに関しては今後に期待。という具合です。

 

 

 ではみなさん、ご機嫌よ!